Ripple研究所

Rippleは金融の仕組みを本当に変えるか? -リップルの仕組みと用語の解説-

Ripple Consensus Ledger

新たに6つの取引所でXRPの取り扱いが開始

ripple公式サイトより 新たに6つの取引所でXRPの取り扱いが開始されることによりXRPの流動性が向上します Rippleは国際送金向けに銀行やペイメントプロバイダーがXRPを使いやすくする環境を整備するために BitGoと提携したことを今年の初めにアナウンスしま…

三菱東京UFJ銀行が参加表明したGlobal Payments Steering Group(GPSG)とは?

ブロックチェーン技術を利用した国際送金の銀行間グループ GPSGは世界初のブロックチェーン技術を利用した国際送金の銀行間グループのこと。 議長はリップル社のアドバイザーDonald Donahue氏 GPSGのメンバー 三菱東京UFJ銀行 バンクオブアメリカ・メリル…

XRPはブロックチェーン技術を使用していると言えるのか?(修正版)

申し訳ありません。誤解してました。 結論から申しますと、そもそもビットコインで採用している方式も、ブロックチェーンという仕組みの一形態であり、Rippleが採用している方式もブロックチェーンと呼んでも問題ないです。ブロックチェーン技術には、Proof …

XRPの価値は長期的に上昇し続けるのか?

根拠1.Google Venturesが出資した 根拠2.多くの金融機関と提携している 提携を表明している主な金融機関 既存の銀行にとってリップルを導入するメリット 送金手数料が安くなる 今後も提携する金融機関は増えていく XRPはファンダメンタル的には無価値? 仮想…

リップルネットワークで銀行はなくなるのか?

銀行はなくなる? 銀行の業務はリップル社が代替できる? 銀行業務の一部はリップルネットワークで簡略されるだろうが、信用創造の仕組みや、国の主権である通貨発行権をリップルという一私企業に任せるわけがない。 あくまでも送金手数料を安くできる程度の…

Rippleで国際送金が安くなる仕組み

Rippleで国際送金が安くなる仕組み coincheck.com ripple connectの概要 ripple connect(リップルコネクト) は、銀行の国際間の支払いをリアルタイムで処理する、海外送金のソリューション すでにグローバル銀行上位50行のうちの12行に導入されている リップ…

Rippleのコンセンサス・システム

圧倒的な取引速度 ビットコインは送金するのに数分〜数10分かかるが、 リップルは独自に開発したコンセンサスシステムで3~6数秒での送金を実現した。 これは仮想通貨としては非常に画期的なこと! どうやって高速な取引を実現したか そもそも、なぜビットコ…