Ripple研究所

Rippleは金融の仕組みを本当に変えるか? -リップルの仕組みと用語の解説-

仕組み

三菱東京UFJ銀行が参加表明したGlobal Payments Steering Group(GPSG)とは?

ブロックチェーン技術を利用した国際送金の銀行間グループ GPSGは世界初のブロックチェーン技術を利用した国際送金の銀行間グループのこと。 議長はリップル社のアドバイザーDonald Donahue氏 GPSGのメンバー 三菱東京UFJ銀行 バンクオブアメリカ・メリル…

リップルとXRPに関するよくある誤解まとめ

リップルに関するよくある誤解 1.法人としてのリップル 2.プロトコルとしてのリップル 3.仮想通貨としてのリップル(XPR) RippleとXRPは同じ? Googleが出資している? 最近の資金調達に関するニュース Google Venturesによる出資 XRPは廃止されるの? 三菱…

XRPの価値は長期的に上昇し続けるのか?

根拠1.Google Venturesが出資した 根拠2.多くの金融機関と提携している 提携を表明している主な金融機関 既存の銀行にとってリップルを導入するメリット 送金手数料が安くなる 今後も提携する金融機関は増えていく XRPはファンダメンタル的には無価値? 仮想…

XRPを手に入れるためには?

1.World Community Gridに貢献する www.ibm.com ワールドコミュニティーグリッドは世界最大規模の非営利活動のプロジェクトです。 このプロジェクトに貢献することで貢献度合いに応じてXRPを受け取ることができます。 貢献の仕方 PCやスマホなどデバイスの処…

リップルの運営会社が倒産したらXRPはどうなる?

ビットコインは運営会社がないので倒産の心配がない? XRPの前にビットコインについて考えて見ましょう。 ビットコインのような暗号通貨はノードが自由にネットワークに参加できる分散型管理システムなので、通貨を管理する中央銀行が存在しません。 ビットコ…

リップルネットワークで銀行はなくなるのか?

銀行はなくなる? 銀行の業務はリップル社が代替できる? 銀行業務の一部はリップルネットワークで簡略されるだろうが、信用創造の仕組みや、国の主権である通貨発行権をリップルという一私企業に任せるわけがない。 あくまでも送金手数料を安くできる程度の…

リップル(XRP)は電気屋のポイントと変わらないって本当?

仮想通貨≠暗号通貨 XRPは仮想通貨であっても暗号通貨ではない XRPは仮想通貨であっても暗号通貨ではないので、発行するための労力はほぼ0に等しい。 ビットコインのようにマイニングするためにマシンパワー(≒電力)が不要であり、日銀がお札をするよりもっ…

Rippleで国際送金が安くなる仕組み

Rippleで国際送金が安くなる仕組み coincheck.com ripple connectの概要 ripple connect(リップルコネクト) は、銀行の国際間の支払いをリアルタイムで処理する、海外送金のソリューション すでにグローバル銀行上位50行のうちの12行に導入されている リップ…

XRPに関する6つの迷信 (English translation follows)

XRPに関する6つの迷信 (English translation follows) XRPに関する6つの迷信 (English translation follows) 迷信1:Ripple Consensus Ledgerは中央集権型または許可制の台帳である。 迷信2:Ripple社はXRPの総供給量を1000億以上に増やすことができる。…

Rippleのコンセンサス・システム

圧倒的な取引速度 ビットコインは送金するのに数分〜数10分かかるが、 リップルは独自に開発したコンセンサスシステムで3~6数秒での送金を実現した。 これは仮想通貨としては非常に画期的なこと! どうやって高速な取引を実現したか そもそも、なぜビットコ…

RIPPLEのXRPの価値とは?

RIPPLEのXRPがファンダメンタル的には無価値? RIPPLEのXRPがファンダメンタル的には無価値? doublehash.me このブログの主張を検討する XRPとBitcoinなどが大きく違うのは、2つある。 rippleはあくまで銀行システムの置換えであって、決済システムである XR…