Ripple研究所

Rippleは金融の仕組みを本当に変えるか? -リップルの仕組みと用語の解説-

2017-05-19から1日間の記事一覧

Rippleで国際送金が安くなる仕組み

Rippleで国際送金が安くなる仕組み coincheck.com ripple connectの概要 ripple connect(リップルコネクト) は、銀行の国際間の支払いをリアルタイムで処理する、海外送金のソリューション すでにグローバル銀行上位50行のうちの12行に導入されている リップ…

XRPに関する6つの迷信 (English translation follows)

XRPに関する6つの迷信 (English translation follows) XRPに関する6つの迷信 (English translation follows) 迷信1:Ripple Consensus Ledgerは中央集権型または許可制の台帳である。 迷信2:Ripple社はXRPの総供給量を1000億以上に増やすことができる。…

オートブリッジ

オートブリッジとは? オートブリッジは、流動性と生来のブリッジ通貨としてのXRPの利用促進を容易にするために、XRPを介して複数のオーダーブックの橋渡しを行う。 例えば 1JPY=1XRP と 0.01USD=1XRP の注文が同時に出された場合、オートブリッジは2つのオ…

IOU(I owe you)

IOU = I owe you = あなたに貸しがある IOUの発行手続き まとめ IOU = I owe you = あなたに貸しがある IOUはゲートウェイが顧客から引き受けた預金に対して発行される借用証書である。(語源は英語のI owe you.) ゲートウェイから顧客に発行されるIOUの残高…

ゲートウェイ

ゲートウェイとは? ゲートウェイは顧客から通貨の預金を引き受け、代わりにRippleネットワークの残高を発行するビジネスである。 これは伝統的な銀行の役割にとても似ている。 Rippleネットワーク上でXRP以外の通貨による残高を保有するにはゲートウェイに…

XRPの最小単位と発行上限は?

XRPの最小単位と発行上限 XRPの最小単位は1 XRPの100万分の1(0.000001)で、この最小単位を"drop"と呼ぶ。つまり 1 XRP = 1,000,000 drops である。 1000億というXRPの発行上限は人的要因により決定された。drops の64ビットの精度のうち1ビットをXRPフォー…

スパム対策としてのXRP

スパム対策としてのXRP

ブリッジ通貨としてのXRP

ブリッジ通貨としてのXRP XRPが中間通貨の役割を果たし、通貨や仮想通貨の種類にかかわらず、数秒で送受信ができ、送受信以外にも円をユーロなどの他の通貨へ両替することが出来る。ドル、ビットコイン、モナコイン、あらゆる通貨、仮想通貨の自動両替が可能…

Rippleのコンセンサス・システム

圧倒的な取引速度 ビットコインは送金するのに数分〜数10分かかるが、 リップルは独自に開発したコンセンサスシステムで3~6数秒での送金を実現した。 これは仮想通貨としては非常に画期的なこと! どうやって高速な取引を実現したか そもそも、なぜビットコ…

RIPPLEのXRPの価値とは?

RIPPLEのXRPがファンダメンタル的には無価値? RIPPLEのXRPがファンダメンタル的には無価値? doublehash.me このブログの主張を検討する XRPとBitcoinなどが大きく違うのは、2つある。 rippleはあくまで銀行システムの置換えであって、決済システムである XR…